子育て

パパの育児の工夫~母乳解凍・ミルク・離乳食初期~

パパはママのようにおっぱいが出ないので、最初はお腹が空いて泣いている赤ちゃんにどう接していいのかわからず、戸惑うことばかりですよね。

赤ちゃんの世話は大変です。

始まったばかりの育児に慣れていなくて、その上赤ちゃんの食事(ミルク)の準備まで・・・となるとママのようにテキパキ動くことが出来ず落ち込んでしまう日もあると思います。

今回は、私が実際にやっていた準備方法をお伝えします。

★母乳の解凍

熱湯やで解凍すると、母乳の赤ちゃんに必要な大切な栄養成分が破壊されてしまうのでやってはいけません。

また、電子レンジに入れるのも、母乳パックが破裂してしまう恐れがあるため、やらないでください。

1.ぬるま湯を作る

2.作り方は熱湯と水を混ぜる

3.大体30~40度くらいにする(熱めの風呂くらい、手を入れても熱くないくらい)

4.冷凍母乳をゆるま湯に入れる

母乳は溶けやすく、冷凍してもシャーベットくらいの硬さ

母乳に含まれる免疫体は熱に弱いので、温度に注意

5.揉み解しながら2~3分で解凍

6.哺乳瓶に母乳を入れる

少し冷めてしまった場合は、ボウルにぬるま湯を張り哺乳瓶を入れて人肌まで温めましょう

★ミルクの冷まし方

1.ミルクの空き缶に水を張って、保冷剤を入れる

※写真はフォローアップミルクです

2.熱湯を注いだ状態のミルクの哺乳瓶を中に入れて、7分~8分待つ

かき混ぜながらのほうが早く冷める

流水よりも水道代節約になります。

待っていれば冷めるので、他の作業が出来ます。

電気ケトルかポットで沸騰させると早いので、家計に余裕がある場合は購入してください。

我が家はT-falを愛用してます。

離乳食初期

フードプロセッサーを購入しました。

おかゆを入れると液状になり、離乳食初期に最適です。

人参はある程度砕くことが出来ますが、液状にはできませんでした。 柔らかくゆでてからすり鉢で粉々にしても良いと思います

このように製氷皿に入れて冷凍してました。

★あとがき

息子が生まれたばかりの頃から、ママに授乳を任せきりにならないように頑張ろう!と思って積極的に育児に参加しています。

赤ちゃんに食事(ミルク)を与えることで父親の自覚が芽生えていったと思います。

最初は赤ちゃんが自分を見てくれなくても、授乳の時は目を見て飲み干すまで見守りました。

授乳はコミュニケーションです。

赤ちゃんに「美味しい?」「お腹いっぱいになったね」など、たくさん話し掛けてあげてくださいね!

関連記事

  1. 子育て

    パパと赤ちゃんとのコミュニケーション術

    仕事で帰りが遅いパパにとって、赤ちゃんとコミュニケーションを取る時間…

  2. 子育て

    お父さんの夜泣き対応術

    夜泣き対応はママだけがやるものでも、パパだけがやるものでもありません…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 子育て

    パパの育児の工夫~母乳解凍・ミルク・離乳食初期~
  2. 子育て

    パパと赤ちゃんとのコミュニケーション術
  3. スニーカー

    スニーカーを長持ちさせたい。素材別メンテナンス方法のご紹介
  4. スニーカー

    スニーカーと言えば白。どうして白スニーカーが人気なのか徹底解説
  5. 子育て

    お父さんの夜泣き対応術
PAGE TOP