スニーカー

スニーカーと言えば白。どうして白スニーカーが人気なのか徹底解説

スニーカーの色と聞いてまず最初に思い浮かぶ色が「白」という方も少なくはないと思います。事実、外を出歩けばデザイン、ブランド様々なものを目にしますが、その中でも「白」スニーカーを圧倒的に多く見かけます。 今回はそんな白スニーカーがなぜ人気なのか、その理由を深掘りしたいと思います。

・なぜスニーカーは「白」なのか白の持つイメージとは

「白」という色、聞くところによると日本人の大好きな色の一つだそうです。車を選んでも白、迷ったら白、「肌の白きは七難隠す」や、「純白、潔白」など単語レベルで見ても明白ではないでしょうか。ピュア、クリーン、そういったイメージも思い浮かべられます。

つまり我々にとって「白」は身近な色であるとともに、馴染みのある、プラスイメージの色となっているのでしょう。

またコーディネートの意味でも白は他のどの色とも調和がとれることから、色々なスタイルにも取り入れられています。

・白いスニーカーの代表的なモデル

上記のように大人気の白ですから各スニーカーブランドにも白が代名詞となっているモデルも存在します。

・コンバース・・・オールスター(レザー、キャンバス)

・アディダス・・・スタンスミス マスター キャンバス スーパースターなど

・ナイキ・・・エアフォース コルテッツ エアマックスシリーズなど

ソール、アッパー、シューレス全て白というものもあれば、オールスターキャンバスのようにカラーラインがあるのもや、スタンスミス、スーパースターのように、ベロにカラーラベルがあったり、ヒールにカラーが入っているものもあります。

・映画の中の白いスニーカー

有名人もこぞって白スニーカーを履いています。そしてその中の多くの登場キャラクターが、リッチで権威もある立場の人だったりするので、「白いスニーカー」の位置ずけも自然と高くなっているのではと個人的には思っています。Appleの創業者 スティーブ・ジョブス は有名な話です。

・ノームコアの影響

最近だと数年前にシンプルなスタイル、ありのままのスタイルという流れでノームコアと呼ばれるファッションが騒がれました。気取らなく、ユニセックスなファッションのノームコアですが、ノームコアの足元には、シンプルで「何も考えていません」と言い換えれば開き直り的なポジションとして白いスニーカーがあったことも記憶に新しいです。

白いスニーカーだしオシャレだなぁと思われたとしても、意外とそれは単に気を使っていない一番無難な色を選んでいるだけなのかもしれませんね。

・白の視覚的効果

ファッションに絡めて考えると、トータルで頭から足まで見て、足元の白いスニーカーが目立つことも、足以外のコンプレックスをうまく隠すアイテムとして活躍しています。

例えば、身長・体重の問題や、肌の色、体型の問題。このような見た目に関わって浴びるような不用な視線を足元を目立たせることで回避すると言う効果もあります。

おそらく誰もがそれなりのコンプレックスを抱えている現代で、いらぬ注意を引かぬよう、手っ取り早く白いスニーカーを選ばれる方は意外と多いと思います。 しかし、その一方で、白は膨張色なので、足元ばかりが大きく見えてしまいトータルのバランスが悪くなったりもするので注意が必要です。

・小中学校の指定靴に白を選ぶと言うこと

私の知る限り多くの学校で白いスニーカーを運動靴や、制服の靴に指定しています。

これは先述したイメージの問題との関わりが挙げられるかなと思います。

こうなった背景には、義務教育なんだから・・・没個性が望ましい・・・などといった理由なのかなと思いますが、果たして現代社会でそれは通用しているのでしょうか。 しかしその一方で白はいい色、潔い色、といったプラス、良い(無難な)イメージ作りには白を用いるという判断基準を教えてくれていたとも言えるかもしれません。

まとめ

以上が白いスニーカーの人気についての考察になります。

お読みいただきありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スニーカー

    スニーカーを長持ちさせたい。素材別メンテナンス方法のご紹介
  2. スニーカー

    スニーカーと言えば白。どうして白スニーカーが人気なのか徹底解説
  3. 子育て

    お父さんの夜泣き対応術
  4. 子育て

    パパと赤ちゃんとのコミュニケーション術
  5. 子育て

    パパの育児の工夫~母乳解凍・ミルク・離乳食初期~
PAGE TOP