スニーカー

スニーカーを長持ちさせたい。素材別メンテナンス方法のご紹介

お気に入りのスニーカー、高かったスニーカー、限定スニーカー、大切に使っていても形あるものいつかは壊れると言うように、どんなスニーカーでもいつかは履けなくなって捨ててしまうことになります。今回はそんなスニーカーの寿命を少しでも長くできるような日頃のメンテナンス方法についてご紹介いたします。

スニーカーのメンテナンスってなに?

具体的には以下に挙げる例がそれ程時間も手間もかからず、日頃からできるおすすめメンテナンスになります。

・水洗い

・ブラッシング

・コーティング

・水洗い

キャンバス地のスニーカーや、一般的なレザー、合皮製のものもそのまま水洗いできます。

具体的な手順はバケツや桶を用意して水(ぬるま湯が良いです)を用意してその中に洗剤を溶かし30分程度〜つけ置きます。それから靴洗いようのブラシや使い終わった歯ブラシなどで汚れを落とします。終わったら濯いで風通しの良い日陰に干しておきましょう。 水洗いのポイントは、シューレスを外してつけ置くことと、洗剤の種類です。100円均一にあるようなものから、頑固汚れに強いものなど特殊なものもあるので汚れを見極めて使えると効果的です。白いスニーカーであれば漂白しても良いですね。漂白の場合はつけおく時間が長くなります。

・ブラッシング

主にスェード素材や、起毛系の生地のスニーカーはこちらのブラッシングメンテナンスになります。こういった素材のスニーカーは水洗いのように一変に汚れを落とすことが難しいので、日頃から履くたびに、あるいは2、3回に1回はブラッシングして毛と毛の間に挟まっているチリやホコリを取り除いて挙げることが一番大事です。

またこういった素材の靴は雨や水に弱いことが多いので履くタイミングにも気をつけるようにすると長持ちします。

またスェードについた頑固な汚れはブラシ以外にも専用の消しゴムでこすると取れることがあります。

・コーティング

本革を使用しているスニーカーは靴クリームを塗るなどするコーティングメンテナンスをお勧めします。

靴クリームを塗る手順は

まずブラシなどでホコリやチリを除去します。

ブラッシングが終わったら、目立った汚れをウェスで拭き取りましょう。場合に応じて洗剤なども使用します。

次はウェスなどで靴クリームを塗りますが、まずはうっすらと塗るように心がけると良いと思います。厚塗りは意味がありません。

塗るクリームについては、黒、茶など以外にも各種各色あります。迷われたら無色でも良いと思います。

靴クリームは保湿がメインの目的です。人間の肌と同じように靴の皮も使うたびにカサカサになってひび割れていきます。それを防ぐための保湿と捉えるとわかりやすいかと思います。

クリームが塗り終わったら5分程度乾かし、キメの細かい布(ストッキングなど)で磨いてあげるとクリームがより馴染み光沢が出ます。

本革製の靴はコーティングを行うことで非常に長持ちします。

また雨天の時に使いたいスニーカーには撥水スプレーなどを使ってコーティングしておくと良いでしょう。

その他

上記にはありませんが、同じスニーカーを2足持っておいて交互に履いたりして、一足だけを履き続けないことも長持ちのコツになります。

単純に毎日履いて3年でダメになるものでも、2組を交互に履くことで7年、8年ともつこともあります。

また、経年の宿命とも言えるソールのすり減りについては製法によってはソール張り替えができることもありますが、そこまでするなら新品を買ったほうが安い場合もあります。

まとめ

以上がスニーカーに関するメンテナンス方法のご紹介です。

色々と書いてしまいましたが、オシャレは足元からと言うように自分の身に着けるものを上手に管理できると良いと思います。面倒だから新しいものを買い足す前に、メンテナンスする時間も含めて選べるようになると良いですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. スニーカー

    スニーカーと言えば白。どうして白スニーカーが人気なのか徹底解説

    スニーカーの色と聞いてまず最初に思い浮かぶ色が「白」という方も少なく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. スニーカー

    スニーカーを長持ちさせたい。素材別メンテナンス方法のご紹介
  2. スニーカー

    スニーカーと言えば白。どうして白スニーカーが人気なのか徹底解説
  3. 子育て

    パパの育児の工夫~母乳解凍・ミルク・離乳食初期~
  4. 子育て

    お父さんの夜泣き対応術
  5. 子育て

    パパと赤ちゃんとのコミュニケーション術
PAGE TOP